カテゴリー
食べること…農業の話

田んぼは元気です


前回の投稿から一ヶ月が経過した田んぼです。
苗はすくすく大きく成長し、2、3本だった葉が10から15本くらいに分割しました。

田んぼの半分では、先々、穂がたわわに実をつけるように、水を抜いて中干しの作業中です。もう半分は中干しをせずにどちらがたくさん実るか、実験をします。

前回お知らせした鴨の卵は残念ながら外敵に襲われたらしく、一羽の雛も見ることができませんでした。
自然の摂理とはいえ親鴨の気持ちを思うと悲しい出来事になりました。
たまごがなくなり空になった巣を見た数日後、親鴨が夫婦で戻ってきました。

また来年、この田んぼで家族の鴨を見ることができますように・・・。
それまで元気でいてくれるといいなぁ、と思います。
そして、今日、また大発見です。

水中に数センチの影、わかりますか?
拡大してます。


タガメです。
地域によっては絶滅危惧種と言われていて、私も初めて見ました。
見つけただけで3匹、まだ、小さいのでこれから大きくなっていくと思います。
ホウネンエビといいタガメといい、農薬や化学肥料を入れない事が、少なくなった生き物を増やして元気にするのであれば、ぜひ、このまま、この田んぼを守っていきたいと思います。
小さな生き物が生きられる所で採れた食べ物を食べることが、人間の健康を守ることにもなるのですから。
≪番外編≫
いつか皆様にお会いできる日を楽しみにしています。
クゥ(空)です。

フゥ(風)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です