カテゴリー
自然からの贈り物

カブトムシおめみえ

梅雨明けと同時に蝉がなき始めました、
すっかり空が夏の色に変わり気温も連日35℃以上になっています。
去年の今頃、朝がたモデルルームの庭に来ると
カブトムシが数匹いて樹液を吸っていました。
今年も来てくれるかなー?…と梅雨明けを待っていたら
いました、いました、庭のカリンの木にオスもメスもとまっていました。
今朝、トネリコの木を見ると…
こちらはメス。

こちらはオス。

ここは山の中ではないですが、カブトムシが成虫になり、卵をうみ
この庭のどこかで成長し夏になると姿を見せてくれます。
昔は身近にあったこんな自然の営み、
どうか環境を整えてお子さんに見せてあげてください。
命の尊さと自然の豊かさの必然性を教えてくれるはずです。
それにしても昆虫はすごいです…。
昨日からセミ・カブトムシ・タマムシがいっせいに成虫になったようです。
梅雨明けがいつなのか、まるで知っているよう。
人間はニュースで知るしかすべがないのに…。

カテゴリー
知多の山

知多の山に行ってきました

まるで真夏のような太陽が照りつける中、
知多の山の草刈りをしました。
当初、草刈りだけの予定でしたが、
木や竹を切らないと山の中の草刈りができない状態でしたので、
手間側で見えている草だけ刈って作業を切り替えました。


  

この草を刈って中の木や竹を切りに山に入ります。
休憩の後、チェンソーで木と竹の伐採に作業を移しました。

伐採作業、切った木は薪に、竹は山肌の土留めに使用します。

途中から重機で切った木を集めて整地を同時にしていきます。

すっかり明るくきれいになった山の入り口、
これは入口のほんの一部です、
2時まで作業を延長して行いましたが、
広範囲での作業には及びませんでした。

次回は山の中にはいってポイントをつけていきます、
どの木を残してどの木を切るかを決め、山の形成にかかっていくのです、
同時に山の中の下草を刈り、伸びた竹や木々の枝葉をきって太陽の光が
地面に届くようにします。
天候に左右されるため、早い段階での日程の告知ができず
大変恐縮ですがお時間のある方はぜひぜひご参加ください。
ご参加の皆様、暑い中お疲れさまでした、わずかな面積でしたが
見違えるように山が生き生きしてきました。
今後ともよろしくお願いします。

カテゴリー
知多の山

急ですが・・・

知多の山整備を行います!
今回は山に入るための下草処理ですので活動内容は
刈払機を利用した草刈りです。
昨日入山のための入口の確保をしてきました、
現在竹や野草を撤去して入口ができています。
ここから山に入り山肌に生えている草を刈り、
木を切り倒す準備をするのです。
本格的な活動のための下準備ですので、お時間のある方は
一度のぞきにお越しください。
7月8日 日曜日
   (急でごめんなさい)
雨天の場合は当日の朝判断します

am 9:00~pm 12:30



活動内容・・・草刈り(刈払機を使用して下草を刈ります)
        竹伐り(チェンソーで必要のない竹をたおします)
        階段造り(入口の出入りを簡単にするため階段を造ります)
         * 階段造りは時間があれば…です

湯茶の用意はいたしません、ご準備ください
活動に関して傷害保険などは準備しないので各自ご入会下さい。
山の持ち主様のプライバシー確保のため詳細な場所はご参加される方のみに
お知らせいたします、ご参加される方はお手数ですが鹿嶌までご一報ください。
山の手入れの模様はこのページでご紹介いたします、
ぜひご覧ください、お楽しみにーーーー!