カテゴリー
のんびり、ひといき

お店のお庭

 クリスマスまであとひと月・・・
お店の庭もクリスマスに向け模様替えです。
『じいじのおか』には赤と白のガーデンシクラメンが植わりました、
このガーデンシクラメン、北設楽からやってきたお花です。


続いて入口近くの新しくできた『ばあばの花畑』を御紹介・・・。

ここには葉ボタンが植わりました、淡い黄色と紫色がきれいです。
そして驚きのニュース・・・。
カブトムシの幼虫を発見!!
掘り起こして写真を撮るのはかわいそうなのでカブトムシの幼虫がいるおがこの山を
御紹介します、来年の夏にはたくさんのカブトムシを見ることができるでしょう。

モデルルームは街の中にありますが、5年の間に自然の環境が少しずつ戻ってきてる気がします、
この夏には玉虫の集団が飛び交っていましたし、カブトムシの幼虫が眠っていたり、
木の割れ目からはなんだかわからないけど虫のキリキリという木をかじる音が聞こえています。
薪にするはずの木の切れ端から芽が出たり、新しい芽が土のあちこちから顔を出しています。
この環境を守っていくのはそう難しい事ではありません、地球の自然とうまく共存することで
身体に負担のかからない住まいをつくっていくべきなのだと思います。
虫や植物が自然に生きていられる環境は、人間にとってもこの上ないすばらしい空間です。
庭づくり・・・、大切ですね
『じいじのおか』監修・・・家工房のおじいちゃん(辰二さん)
『ばあばの花畑』監修・・・家工房のおばあちゃん(雪子さん)
二人がいつも草刈りして土をならしこの環境を守っています、見かけたら声をかけてくださいね!

カテゴリー
のんびり、ひといき

こんな風景がまだまだ街の中に・・・

昔の風景がだんだん無くなっていく中で、変わらない昭和の街並みが
まだそこかしこに残っています。
ただ残っているだけでなく、この風景たちは次の世代の子供たちへ
大切なことを教えてくれる気がするのです。
できたらそのまま変わらず残ってほしい、そんな、たまたま見つけた
路地や家、街並みなど・・・、ご紹介したいと思ってます。 
【隣町の路地】

ここは車もバイクも通れません、交通規制で通れないのでなく、狭いから通れないのです。
建築基準法では消防車を通すため、新しい家をつくるとき4m幅の道路を確保することを
定めています。結果としてこんな路地は順番に無くなっていくのですが残念なことです。
このような路地は小さな子供が道に絵を描いたり、植え込みでかくれんぼしたり、
こんな風に建具を虫干ししたり・・・、時間がゆっくり流れるのを体感できるのです。
・・・無くさないでほしいなあ~・・・